MENU

プロフィール

カワテ タカヒト

WordPressと店舗型ビジネスへの集客施策が得意なフリーランス☆27歳で起業→ウェブ制作会社→美容系サービス業を経て48歳で2度目のフリーランスに。山梨県南アルプス市在住。

山梨WordPressmeetup

山梨WordPress meetupを毎月開催しています。ご参加をお待ちしております!

draw my lifeってなに?最後まで見ちゃう人続出の自己紹介ムービー

こんにちは、カワテです。

いきなりですが、draw my lifeをご存知ですか?

ホワイトボードに人生の節目の出来事を手書きで描き、本人のナレーションとともに動画で紹介する発信手法です。アメリカで4年ほど前から始まったムーブメントで日本でもパーソナルブランディングの一環として動画を作る人が増えています。

簡単にいうと自己紹介ムービーなんですが、手書きの絵と本人のナレーションについつい引き込まれて10分近い動画を最後まで見ちゃう人続出のプロフィール手法です。

今日は、本場アメリカと日本のdraw my lifeの中から興味深いものを何本かご紹介します。

海外のdraw my life

draw my life

こちらが本家draw my life。

登録者が100万人を超える人気チャンネルです。
有名人やタレントの人生がカラフルに描かれています。このチャンネルを見ればだいたい海外におけるdraw my lifeのトレンドは把握できます。当然ですが全部英語です。

https://youtube.com/watch?v=lbaE0W8drRU

LISA AND LENA

海外のdraw my life は基本カラーで絵も上手なものが多いです。

こちらは双子の人気クリエイターLISA AND LENAの人生を描いたdraw my life。キュートで女性らしく、見やすい動画です。

Draw My Life – ROLANDA

人気YoutuberのWassabiさん演ずる架空のキャラクター「ローランダ」のdraw my life。

コメント欄には「めっちゃ笑った!」「笑いが止まらん!」的なコメントがたくさんあります。英語がわからなくてもテンションの高さだけで笑えるコメディー版draw my life。

日本のdraw my life

日本のdraw my lifeは黒一色が基本ですね。
カラフルではありませんが、色がない分、絵やナレーションに集中できる気がします。

完ペキな人生を生きて死ぬ!(ぱんぺき!)

仙台でシェアハウスを5軒経営する若き女性経営者あやぱんさんのdraw my life。

僕が初めてdraw my lifeを知ったのがあやぱんさんのブログでした。
「シェアハウスやりたい!」とブログやSNSで発信し続けた結果、あっという間に夢を実現してしまったとてもパワフルな女性です。
ブログも非常におもしろいです。

マーケター田中祐一さん

フリーランス、個人事業のお手本となりそうな田中祐一さんのdraw my life。
10分近くの動画でもこうやって描かれるとつい最後まで見ちゃいますね。

Youtuber PDRさん

うちの子供達も大好きなYouTuber PDRさんのdraw my life。

結婚してるとか、子供がいるとか「えっ、そうなの?」って情報が見つかるものdraw my lifeの良いところ。

僕の中でPDRさん、あまり印象になかったのですがこの動画見て「いい人なんだろうな〜」って好きになりました。
なんて効果的なdraw my life!

draw my lifeは信頼関係構築に効果絶大

サービス業のカウンセリングではよく「ラポールを築こう」なんて言われます。お客様との確固たる信頼関係のことです。この信頼関係がないままセールスをしてしまうと「無理やり買わされた」ってお客様は思ってしまうんですね。

インターネットを使ってお店がお客様との信頼関係を作るのって意外と難しいんですが、こんな風に動画でプライベート情報を届ける手法って信頼関係を築くうえでとても使えるツールだなって思います。

テキストのプロフィールをここまで読んでくれるお客様ってそうそういませんが、draw my lifeの動画を見終わったあとは、なんかもう友達なんじゃないかってくらい親近感覚えますからね。またSNSへプロフィールを簡単に投稿できるってのも大きなメリットですよね。

draw my lifeの動画は日本でも流行りそうな感じだったんですが、作ってる人はまだまだ少ないんですよね。やはり動画制作の技術や手間を考えると一歩引いちゃう人が多いのだろうと思います。

今はスマホで動画も音声も収録できて、PCを使わずともiphoneアプリだけで動画と音声をまとめることもできます。
ライバルがなかなか手を出しづらい分野だけに少し頑張ってみると頭一歩抜け出せるチャンスだったりもします。興味のある方はぜひチャレンジしてみるといいかもしれませんね。

今日はこのへんで。
draw my lifeのご紹介でした。