ドメイン・サーバー契約なしでWordPressを試せるローカル環境構築の詳しい手順を解説 [local by flywheel]

[local by flywheel]ドメイン・サーバー契約なしでWordPressを思い切り試せるローカル環境構築の詳しい手順を解説

WordPressを利用するにはドメインやサーバーの契約が欠かせません。
でも、WordPress未経験の方がいきなりコストをかけてドメインやサーバーを用意するのは勇気がいりますよね。

そこでオススメしたいのがPC内でWordPressを動かすことのできるローカル環境の構築です。この方法ならサーバーやドメインを持っていないくてもWordPressを思う存分にテストできます。しかも誰にも見られることなく!

今日のブログでは、無料アプリケーションlocal by flywheelを利用して、ローカル環境でWordPressを動かすための詳しい手順について解説したいと思います。

カワテ
カワテ

「ローカル環境」は難しそうなイメージありますが、意外と簡単なので是非挑戦してみてください。

ローカル環境とは?

ローカル環境とは、サーバーと同様の環境をPCの中に用意することをいいます。インターネット接続なしでWordPressが利用できるため、ドメインやサーバーの契約も必要ありません

[local by flywheel]

ある程度の専門知識が必要とされる為、これまで利用できる人も限られていました。

カワテ
カワテ

元々はエンジニアやWebデザイナーが制作過程で利用する開発環境として利用されてきました。

しかし、現在ではアプリケーションを利用することで、 専門知識がなくても簡単にローカル環境が利用できるようになりました。

ローカル環境のメリット

  • 回線速度に依存しないのでWordPressがサクサク動く
  • 制作段階のブログを他人に見られずに構築できる
  • ドメイン、サーバー費用が不要

お金をかけず、誰にも見られることなく、自由にWordPressをいじり倒せるってことですね。

ローカル環境でWordPressに慣れたら、そのデータをそのまま本番環境へ移動することもできます。お金をかけずにWordPressを試してみたい初心者の方にはまさに打ってつけの方法だと言えます。

XAMPPより簡単!

ローカル環境を構築するアプリケーションにはXAMPPや、Macで利用できるManpなどが有名です。もし利用目的がWordPressだけなら無料のアプリケーションlocal by flywheelがオススメ。導入が圧倒的に簡単です。

今回はこのlocal by flywheelというアプリケーションを利用してローカル環境を作り、WordPressを動かしてみたいと思います。

local by flywheelの設定手順

それでは実際に手を動かしていきましょう!

1.local by flywheelをダウンロード

local by flywheelの公式サイトからアプリケーションをダウンロードします。

local by flywheelの公式サイトからダウンロードします。
[ FREE DOWNLOAD ]をクリック。

次にインストールするPCの種類を聞かれます。

[local by flywheel] [ FREE DOWNLOAD ]をクリック。アプリケーションをダウンロードします。利用しているPCの種類を聞かれます。

インストールしたいPCをMac、Windows、Linuxから選択します。

続いて個人情報の入力。

[local by flywheel] インストールしたいPCをMac、Windows、Linuxから選択します。続いて個人情報の入力を求められます。

ここはメールアドレスだけ入力すれOK。

local by flywheelの圧縮ファイルがPCにダウンロードされます。

[local by flywheel] メールアドレスだけ入力すれダウンロードできます。local by flywheelの圧縮ファイルがPCにダウンロードされます。

2.local by flywheelをインストール

次にダウンロードされたファイルをインストールしていきます。

ダウンロードした圧縮ファイルをダブルクリックして解凍。
インストールを開始します。

カワテ
カワテ

今回はMacでの手順をご紹介しますが、Windowsでもほぼ同じ流れですのでアプリの指示に従って進めてください。

[local by flywheel] ダウンロードした圧縮ファイルをダブルクリックし解凍。インストールを開始します。

Macの場合、Localアイコンをアプリケーションフォルダにドラッグ &ドロップしておきます。

[local by flywheel] Macの場合、Localアイコンをアプリケーションフォルダにドラッグ &ドロップしておきます。

これでlocal by flywheelを使う準備ができました。

3.local by flywheelの設定

アプリケーションのアイコンをクリックし、local by flywheelを立ち上げます。

アプリケーションを開くか聞かれるので [ 開く ] をクリック。

[local by flywheel] アイコンをクリック。アプリケーションを立ち上げます。アプリケーションを開くか聞かれるので[開く]をクリック。

プライバシーポリシーに同意。
チェックを入れて [ I AGREE ] をクリック。

[local by flywheel] プライバシーポリシーに同意。チェックを入れて[ I AGREE ]をクリック。

エラー情報をlocal by flywheelに提供するか聞かれます。

[local by flywheel] エラー情報をlocal by flywheelに提供するか聞かれます。

情報を提供しないならNoを。
提供してもいいよ、という場合には [ Turn on Error Reporting ] をクリック。プライバシーが気になる方はNoを選んでおくと良いでしょう。

機能紹介ページが表示されます。
[ NEXT ]で読み進めるか、右上のバツアイコンをクリックして閉じます。

[local by flywheel] 情報を提供しないならNoを。提供する場合には[Turn on Error Reporting]をクリック。機能紹介ページが表示されたら[NEXT]で読み進めるか、バツアイコンをクリックして閉じる。

これでインストールは終了です。
次はいよいよWordPressでサイトを作っていきます。

4.WordPressサイトを登録する

次にこのような画面が開きます。

[local by flywheel] 4.WordPressサイトを登録する
[ CREATE A NEW SITE ] をクリックして新しいサイトを登録します。

WordPressサイトの名前( local by flywheelでの登録名)を聞かれます。

[local by flywheel] 次にこれから作るWordPressサイトの名前( local by flywheelでの登録名)を聞かれます。

サイト名はあとで変更できますので、ここでは適当な英文を入力しておきましょう。(例えば New Site など)

カワテ
カワテ

サイト名は英文で。日本語だとエラーが出るのご注意を!

次に制作環境を聞かれます。
基本的にはデフォルトの [ Preferred ] のままで問題なし。

[local by flywheel] 次に制作環境を聞かれます。基本的にはデフォルトの[Preferred]のままで問題なし。
[ CONTINUE ] をクリックして次へ。

ちなみに [ Custom ] をクリックするとデータベースのバージョンが選択可能に。利用中のサーバーと環境を合わせたい場合などに利用します。

WordPressを試してみたいといった需要の際はここを触る必要なし。

[local by flywheel] ちなみに[Custom]をクリックするとデータベースのバージョンなどが選択できる。利用中のサーバーと環境を合わせたい場合などに利用します。

次にWordPressにログインするためのユーザーネーム、パスワード、メールアドレスを設定します。

[local by flywheel] 次にWordPressにログインするためのユーザーネーム、パスワード、メールアドレスを設定します。
カワテ
カワテ

ユーザーネームは日本語ではなく英語にしておきましょう!

これらの情報はこのあとWordPressにログインするために必要なのでメモしておきましょう。忘れるとWordPressにログインできなくなるので注意!

設定が完了したら [ ADD SITE ] をクリック。
これで新しいWordPressサイトが利用できます。

5.WordPressで初期設定

ここからはlocal by flywheelでWordPressを使うための設定についてみていきます。

設定をした後のlocal by flywheelの画面は下のようになっているはずです。

[local by flywheel] ここからはlocal by flywheelでWordPressを使うための設定についてみていきます。設定をした後のlocal by flywheelの画面は下のようになっているはずです。

画面の右上をみてください。[STOP SITE ■]と表示されています。

このボタンでWordPressの起動と停止を管理します。

[local by flywheel] 今後、local by flywheelを立ち上げた際にも最初にこの画面が表示されます。 画面の右上をみてください。[STOP SITE ■]または[START SITE■]という表示が確認できます。

表示が赤色の [STOP SITE ■] ならlocal by flywheelが起動中でWordPressを利用できる状態。使い終わったら [STOP SITE ■] をクリックしてlocal by flywheelを停止します。

カワテ
カワテ

次回以降はlocal by flywheelを立ち上げたらまずは[ START SITE■ ]をクリックして利用を開始します。(次回以降の立ち上げ方については記事の後半で説明しています)

PC上でWordPressがどのように表示されるか確認してみましょう。
画面右上にある[ VIEW SITE ]をクリック。
[local by flywheel] PC上でWordPressがどのように表示されるか確認してみましょう。画面右上にある[VIEW SITE]をクリック。

ブラウザが立ち上がりWordPressのトップページが表示されました。これがPC内で設定されたあなたのWordPressサイトです。

次にWordPressの管理画面へ入ってみます。画面の[ADMIN]をクリックします。

[local by flywheel] ブラウザが立ち上がりWordPressのトップページが表示されました。これがPC内で設定されたあなたのWordPressサイトです。次にWordPressの管理画面へ入ってみます。画面の[ADMIN]をクリックします。

WordPressのログイン画面が開きます。

[local by flywheel] WordPressのログイン画面が開きます。

手順4で設定したメールアドレス、パスワードを入力して[ Log in ]ボタンをクリック。

カワテ
カワテ
[ Remember Me ] にチェックを入れておくと次回から入力が省略されるのでログインがラクになります。

WordPressのダッシュボードと呼ばれる管理画面が開きます。

[local by flywheel] WordPressのダッシュボードと呼ばれる管理画面が開きます。

いきなり英語ですが大丈夫。
これから日本語に設定を変更します。

左側のメニューにある [ Setteings ] > [ General ] をクリックします。

[local by flywheel] いきなり全英語ですが焦らずに。これから日本語に設定を変更します。左側の黒い背景メニューの中にある[Setteings] > [General]をクリックします。

画面の中ほどに[ Site Language ]という項目があります。

初期設定では[ English (United State) ]になっていますので、ここを日本語に変更します。

[local by flywheel] 画面の中ほどに[Site Language]という項目があります。初期設定では[English (United State)]になっていますので、ここを日本語に変更します。

ついでに [ Timezone ] もデフォルトのUTC+0からTokyoに変更しておきましょう。

設定が完了したら画面下の [Save Changes] をクリックして保存。

無事WordPressが日本語化されました。

[local by flywheel] ついでに[Timezone]もデフォルトのUTC+0からTokyoに変更しておきましょう。設定が完了したら画面下の[Save Changes]をクリックして保存。WordPressが日本語化されました。

これでサーバー環境と同様の操作が自分のPC内でできるようになりました。

誰にも見られることなく思い切りWordPressをテストすることができます。

local by flywheelの立ち上げ方

重複しますが、次回移行local by flywheelを立ち上げて作業を開始するまでの手順をおさらいしておきます。

まずはアプリケーションフォルダ内にあるllocal by flywheelのアイコンをクリック。

[local by flywheel] 重複しますが、次回移行、local by flywheelを立ち上げて作業を開始するまでの手順をおさらいしておきます。まずはアプリケーションより、llocal by flywheelのアイコンをクリックします。

local by flywheelの画面が立ち上がります。

[local by flywheel] local by flywheelの画面が立ち上がります。

起動したいサイトを選択して右上の [ START SITE ] をクリックするか、サイト名の左にあるグレーのアイコンをクリックします。

サイト名の左に緑の円ボタンが表示され、右上が赤い [ STOP SITE ] になっているのを確認したら [ ADMIN ] をクリックします。

WordPressのダッシュボードへ入ります。

[local by flywheel] 起動したいサイトを選択して右上の[START SITE]をクリックするか、サイト名の左にあるグレーのアイコンをクリックします。サイト名の左に緑の円ボタンが表示され、右上が赤い[STOP SITE]になっているのを確認したら[ADMIN]をクリックしてWordPressのダッシュボードへ入ります。

今後はこの手順でWordPressを立ち上げることができます。

まとめ

レンタルサーバーやドメインを用意しなくてもWordPressを好きなだけテストできるローカル環境構築アプリケーション local by flywheelの利用方法について説明しました。

WordPressの敷居を高くしているのが、サーバーとドメイン取得などの初期設定と費用の問題。local by flywheelを利用することで「自分にも使えるか少しだけ試してみたい」という方でもコストをかけずに利用できるのでオススメです。

設定も簡単でサーバーの知識などほとんど不要。本当に簡単なのでWordPressの導入に二の足を踏んでいる方は是非一度お試しください。