WordPressでSEO対策するならPing送信も設定しておこう

WordPressでSEO対策するならPING送信も設定しておこう

Ping送信とは、インターネット更新情報を集めているサービスへ向けてブログが更新されたことを通知してくれる機能です。

情報更新サービスへPing送信することで、Googleへ登録される期間が短くなったり、 一定のSEO効果(検索エンジン最適化)も見込めます

WordPressにはPing送信機能がありますが、デフォルトで設定されている送信先リストは1件のみ。これでは少しもったいないのでWordPressを始める際には今回の記事を参考に、ぜひPing送信を設定してからブログを書いてみましょう。

Ping送信とは?

簡単にいうとインターネットの更新情報を収集しているサイトに「私のブログ更新したよ!」という情報をいち早く伝える技術です。

Ping送信するメリットは、最新のブログをいち早くインターネットに登録すること。ブログを更新するたびにPing送信することで、Googleへの登録も早くなるなどのメリットがあります。

PING送信とは?

正直なところPing送信したから順位がメッチャ上がった、ということはあまり期待せず、たくさんあるSEO対策の1つとして考えておきましょう。

WordPressでPing送信する手順

利用中のWordPressでPing送信する手順を説明します。

[ 設定 ] > [ 投稿設定 ]を開きます。

WordPressでPING送信する手順_[ 設定 ] > [ 投稿設定 ]を開きます。

ページの一番下に[ 更新情報サービス ]という項目があります。

WordPressでPING送信する手順_ページの一番下に[ 更新情報サービス ]という項目があります。

ここにPingサーバーのアドレスを入力します。

PingサーバーはWordPressで推奨しているモノもありますが、現時点で私のWordPressから接続が確認できているのは以下の10個。

このアドレスをコピー&ペーストしてください。

http://www.blogpeople.net/servlet/weblogUpdates<br>
http://ping.blo.gs/ <br>
http://ping.feedburner.com/<br>
http://ping.rss.drecom.jp/ <br>
http://rpc.pingomatic.com/ <br>
http://www.blogpeople.net/ping/ <br>
http://ping.freeblogranking.com/xmlrpc/ <br>
http://ping.dendou.jp/ <br>
http://blog.with2.net/ping.php/ <br>
http://pingoo.jp/ping/

最後に [ 変更を保存 ] をクリックして完了です。

WordPressでPING送信する手順_最後に[ 変更を保存 ] をクリックして完了です。

Ping送信の注意点

Ping送信を設定する際に1つ覚えておいて欲しい注意点があります。

WordPressの初期設定ではブログを投稿・更新するたびにPingを送信します。つまりブログを修正している最中も、保存ボタンをクリックするたびにPingサーバーに「ブログを更新したよ!」という通知が毎回送られるのです。

ブログ執筆中などは頻繁に「下書き保存」や「更新ボタン」を押すことがありますよね。

そうなると大量のPingが送信されることになり、度が過ぎるとブログ自体がスパム扱いされてしまう恐れがあります。それを避ける手段としてプラグインを利用します。

プラグインWordPressPing Optimizerの使い方

ブログがスパム扱いされないために適切なPing送信頻度を保つプラグインを利用します。

WordPress Ping Optimizerを利用するとブログを公開した時だけPingを送信してくれます。

利用するプラグインWordPress Ping Optimizer
[ プラグイン ] > [ 新規追加 ]よりWordPressPing Optimizerをインストールして有効化します。

プラグインWordPressPing  Optimizerの使い方_ [ プラグイン ] > [ 新規追加 ]よりWordPressPing  Optimizerをインストールし有効化します。
[ 設定 ] > [ WordPressPing Optimizer] を開きます。

プラグインWordPressPing  Optimizerの使い方_[ 設定 ] > [ WordPressPing  Optimizer] を開きます。

テキスト入力欄に先ほど紹介したPingサーバーをコピペで張り付けます。

1アドレスごとに改行を入れながら入力します。

プラグインWordPressPing  Optimizerの使い方_1アドレスごとに改行を入れながら入力します。

入力が完了したら[ Enable pinging ] にチェックが入っていることを確認し[ Save Setting]をクリックします。

プラグインWordPressPing  Optimizerの使い方_入力が完了したら[ Enable pinging ] にチェックが入っていることを確認し[ Save Setting]をクリックします。

Limit excessive pinging in short timeの使い方

[ Limit excessive pinging in short time ] にチェックを入れると、一度Pingを送信すると指定した時間内はブログを公開してもPingが送信されなくなります。

プラグインWordPressPing  Optimizerの使い方_[ Limit excessive pinging in short time ] にチェックを入れると、一度Pingをすると指定した時間内はブログを公開してもPingを送信をストップできます。

画像の例だと、一度公開した後6分間はPing送信を強制的にストップできます(60と入力すれば60分間になります)。

短時間に複数のブログをまとめて公開する場合などに利用できますが、普通は必要ありませんのでチェックを外しておきます。

WordPressPing Optimizer の設定はこれで終了です。
あとはブログを公開した時にだけPingを自動で送信してくれます。

送信ログの確認方法

プラグイン画面の下に [ Ping Log ] という項目があります。

Pingを送信した際の記録と、送信を抑制した記録が残ります。本来送信されるはずのPingを抑制し、適切な送信に抑えてくれているのが確認できます。

送信ログの確認方法_Pingを送信した際の記録と、送信を抑制した記録が残ります。本来送信されるはずのPingを抑制し、適切な送信に抑えてくれているのが確認できます。

PINGサーバーの送信エラーをチェック

Pingサーバーは割とデリケートなため、送信してもエラーが返ってきたり、いつの間にか閉鎖されていたりします。

WordPress Ping Optimizerは、Pingサーバーのエラーの有無も教えてくれます。定期的にチェックして何度もエラーの出るサーバーは削除するなど定期的な最適化をオススメすます。

赤い色がエラーの出ているPingサーバー。青と緑が送信が完了したPingサーバーです。

PINGサーバーの送信エラーをチェック

一度エラーの出たPingサーバーでも2回目には送信できることもありますので、1〜3ヶ月くらいの長いスパンでチェックするといいでしょう。

長期間エラーの出るサーバーはリストから外しましょう。

まとめ

Ping送信の役割とプラグインの設定方法についてご紹介しました。

Ping送信をしたからと言って検索での順位が劇的にアップすることはありませんが、WordPress最適化手段の1つとして覚えておくと良いでしょう。

小さなことをコツコツと実行していくことが、後々大きな成果につながりますので。

この記事が皆様のお役に立てれば幸いです。