知らなきゃ損するMacとiPhoneで簡単にデータを渡す方法3種類

In Mac by カワテ タカヒト

こんにちは、カワテです。
今日はMacの小ネタを。

ブログを書いている方ならスマホの画像や文章をPCに移したい、またはPCからスマホへデータを転送したいって需要けっこうありますよね。もし、あなたがiPhoneとMacを使っているのであればその希望は簡単に叶います。
もちろんケーブルなんて一切不要で。

iPhoneとMacでデータを移動する方法

iPhoneとMac間でデータを転送する方法はいくつかありますが、以下の3つが簡単でおすすめです。

AirDropを利用する
HandOffを利用する
メモアプリを利用する

名前はややこしいですが、驚くほど簡単にデーターを共有できます。

まずは、便利機能を利用するための準備を行いましょう。

準備をしよう

iPhoneとMacでデータをやりとりするためにはどちらも同じiCloudアカウントでサインインしている必要があります。

iPhoneでiCloud設定を確認する

iPhoneで「設定」をタップします。

最上部にある自分の名前をタップすると同じアカウントでサインインしているデバイス一覧が表示されます。

ここに連携したいMacが表示されていればOK。

 iPhoneより 「設定」→自分の名前の部分をタップします

1. 「設定」→自分の名前の部分をタップします
連携したいMacの名前が表示されていればOK
2. 連携したいMacの名前が表示されていればOK
 

表示されない場合はMac側でiCloudのサインインを行いましょう。

MacでのiCloud設定の確認

「システム環境設定」を開きます。

MacとiPhoneでデータを簡単にやりとりする方法

「iCloud」を選択。

MacとiPhoneでデータを簡単にやりとりする方法

iPhoneと同じアカウントでサインインされていることを確認します。

MacとiPhoneでデータを簡単にやりとりする方法

Wifi・bluetoothをオンにする

iPhone、Macともに必ずWifi、bluetoothをオンにします。

iPhoneは「設定」から確認できます。

MacとiPhoneでデータを簡単にやりとりする方法


Macは画面右上部のメニューバーから設定できます。

MacとiPhoneでデータを簡単にやりとりする方法

AirDropを使う

まずは「AirDrop」を使ってみましょう。
AirDrop」はApple製のデバイス同士なら素早くデータの受け渡しができる機能です。

AirDrop設定を確認

iPhoneでAirDropの設定を行います。

「設定」から「一般」をタップ

1. 「設定」から「一般」をタップ
.「AirDrop」をタップします

2.「AirDrop」をタップします
「全ての人」にチェックを入れ完了

3. 「全ての人」にチェックを入れます
 

※Wifiとbluetoothが接続されていればMac側での設定は必要ありません。

画像を共有する(Mac→iPhone)

設定ができたらさっそく画像を転送してみましょう。

Mac上で送信したい画像を選択してから右クリック。
共有」→「AirDrop」を選択します。

MacとiPhoneでデータを簡単にやりとりする方法

近くのiPhoneが認識されます。
送信したいiPhone名をクリックします。

MacとiPhoneでデータを簡単にやりとりする方法

iPhone側に着信音とともに画像が転送されます。

MacとiPhoneでデータを簡単にやりとりする方法

画像を共有する(iPhone→Mac)

iPhoneからも同様の手順で転送できます。

iPhoneアプリ「写真」から送信したい画像をタップして選択します

1. iPhoneアプリ「写真」から送信したい画像をタップして選択します
iPhoneで左下の「共有アイコン」をタップ

2. 左下の「共有アイコン」をタップします
iPhoneで 「メモ」を有効にします

3. 連携可能なMacが表示されるのでアイコンをタップします
 

Macの「ダウンロードフォルダ」に転送されました。

MacとiPhoneでデータを簡単にやりとりする方法

Webサイトを共有する

AirDropを使うとiPhoneやMacで閲覧中のWebサイトも共有できます。
iPhoneからはSafariやChromeの「共有アイコン」をタップします。

iPhoneで「共有アイコン」をタップ width=
Chromeでは画面右上に共有アイコンがあります
「共有アイコン」をタップ
Safariは画面下に共有アイコンがあります
 

MacならSafariのツールバーに「共有アイコン」があります。

MacとiPhoneでデータを簡単にやりとりする方法


他にもファイルや動画、位置情報などもAirDropを利用して共有できます。
共有したい時には画面上に共有アイコンを探すか右クリックしてみましょう。
共有アイコン、または共有の文字があれば転送できます。

AirDropの注意点

iPhoneがスリープ状態の時には転送できませんので、転送時にはiPhoneを起動させておく必要があります

HandOffを使う

個人でデータを共有するならHandOffがおすすめです。
コピーペーストするだけでデータが移動できる超簡単シームレスな共有方法です。

HandOff設定を確認

iPhoneでHandOffの設定を行います。

 iPhoneより「設定」→「一般」をタップします

1. 「設定」→「一般」をタップします
「HandOff」をタップします

2. 「HandOff」をタップします
 「HandOff」を有効にします

3. 「HandOff」を有効にします
 

Macでも設定を行います。「システム環境設定」を開きます。

MacとiPhoneでデータを簡単にやりとりする方法

一般」アイコンをクリック。

MacとiPhoneでデータを簡単にやりとりする方法

このMacとiCloudデバイス間でのHandOffを許可」にチェック。

MacとiPhoneでデータを簡単にやりとりする方法

これで設定は完了です。

使い方はコピペするだけ

そもそもHandoffはiPhoneとMacでシームレスに作業を引き継げる機能です。たとえばiPhoneで書いたメールの続きがMacで書けるとか、Macで見ていたホームページの続きをiPhoneですぐに読めるとか。

それに加えてコピーしたデータがすぐに共有されるというのもHandOffの大きな特徴です。この機能を利用すると文章が簡単に移動できます。仕事の最中などMacとiPhoneが近くで開いている場合にはHandOffのコピペ機能が大活躍してくれます。

利用例:インスタのハッシュタグ

たとえばiPhoneでインスタ投稿中、大量のハッシュタグをつけたいけど1つ1つ入力するのは面倒。Macに保存してあるハッシュタグ一覧をすぐに貼り付けたい、という場合。

1. Macにあるテキストを選択してコピー (commond+C)します。

MacとiPhoneでデータを簡単にやりとりする方法

続けて、iPhoneのインスタ画面にペーストするだけで反映されます。

iPhoneのインスタ入力画面を素早く2回タップして「ペースト(ショートカットキー commond+V)」します

1. iPhoneのインスタ入力画面を素早く2回タップしてペーストします
インスタ入力画面にテキストがペーストされました

2. すぐさまMacからデータが転送されます
インスタ入力画面にテキストがペーストされました

3. インスタ入力画面にテキストがペーストされました
 

利用例:iPhoneの画像をMacのメールに添付したい

Macで作業中のメールに画像を添付したいけれど画像はiPhoneの中。
そんな時にはAirDropよりもHandOffが便利。

iPhoneにある添付したい画像を「写真アプリ」から選択。
左下の「共有アイコン」をタップします。

MacとiPhoneでデータを簡単にやりとりする方法

画面左下の「コピー」をタップします。

MacとiPhoneでデータを簡単にやりとりする方法

Macのメール本文欄でペースト(ショートカットキー:commond+v)します。

MacとiPhoneでデータを簡単にやりとりする方法


画像が簡単に添付できました。

MacとiPhoneでデータを簡単にやりとりする方法

メモアプリを使ってブログの下書きを共有

ブログや書類の下書きには、メモアプリを使ったデータ共有が活躍します。
さらに音声入力を使えばこれまでの何倍も楽に文章が書けるようになります。

メモアプリ設定を確認

iPhoneでメモアプリ共有をオンにします。

iPhoneで「設定」画面一番上、名前の書いてある部分をタップします

1. 「設定」画面一番上、名前の書いてある部分をタップします
iPhoneで 「Apple ID」画面の「iCloud」をタップします

2. 「Apple ID」画面の「iCloud」をタップします
iPhoneで 「メモ」を有効にします

3. 「メモ」を有効にします
 

Macでメモアプリ共有をオンにします。
システム環境設定」→「iCloud」→「メモ」にチェックを入れます。

MacとiPhoneでデータを簡単にやりとりする方法

メモで下書きを音声入力する

iPhoneにデフォルトで入っている純正のメモアプリを立ち上げます。

メモアプリを選択

新規メモに音声入力を使い文章を書いていきます。
音声入力でのミスは後ほどMacで修正しますので、思いつくまま喋り切ってください。

入力が終わったら「完了」をタップ。

MacとiPhoneでデータを簡単にやりとりする方法

Macでメモアプリを開くと自動で同期されています。
入力ミスを修正し文章を仕上げます。

MacとiPhoneでデータを簡単にやりとりする方法

隙間時間にブログのアイデアをメモに書き溜めておき、夜自宅でじっくりと清書したい。
そんな時にはiPhoneとメモアプリが大活躍します。

まとめ

iPhoneとMac間で使える共有方法3種類をご紹介しました。

AirDropを利用する
HandOffを利用する
メモアプリを利用する

今回はMacとiPhoneでのやりとりを紹介しましたが、もちろんiPhone同士、Mac同士でもデータのやりとりは可能です。

個人的には、画像やファイルはAirDrop、テキストはHandOffといった風に使っています。

シチュエーションによって上手に使い分けることで作業は一層捗ること間違いなし。まだ利用していない方はぜひMacらしいシームレスな共有機能を活用してください。

この記事がお役に立てれば幸いです。
では、また次回に。